商品レビューや旅行記、色々なジャンルの主婦ブログ

ゆる主婦モコの気まぐれ日記

知っ得情報 お役立ち

【保存版】青臭くならない七草かゆの下処理とは?

投稿日:2018年1月3日 更新日:


こんにちは、ゆる主婦モコです。

「春の七草」が話題になると、お正月気分もそろそろ終わりにしなくては・・・という気持ちになりますよね。

日本では、1月7日に七草粥(ななくさがゆ)を食べる風習があります。

基本的には中国の習わしと同じで「健康を願う」からだそう。

  1. お正月のごちそうで疲れ気味の胃を休める
  2. 無病息災を願って邪気払いをするため
  3. 今年も食べ物に困らないように七草粥を食べる

という意味があり、平安時代から始まったと言われています。

この記事では、七草粥の青臭くならない下処理をご紹介します。

ぜひお役立てくださいね!

薬膳料理の代表「七草の効能」

  1. せり:免疫力向上、貧血、便秘に効果
  2. なずな:殺菌、消炎、止血、抗菌・利尿作用
  3. ごぎょう:咳を鎮め、風邪の予防に
  4. はこべら:整腸・利尿作用
  5. ほとけのざ:健胃・解熱・鎮痛・風邪症状の改善
  6. すずな:消化補助・腹痛予防
  7. すずしろ: 胃炎・胸焼け改善と消化・整腸作用

この七草を入れて作るのが「七草粥」になります。

このように七草粥は、それぞれの成分やビタミン類などまさに日本人の知恵が生んだ薬膳料理の代表と言っても良いでしょう。

ナズナやごぎょう、はこべらなどは見かけることが少なくなっています。

最近ではスーパーでも「七草セット」が売られていますから大変便利。

手に入らない場合は、七草すべてそろわなくてもダイコン、カブ、セリなど、いつでも手に入る野菜たちでもOK。

大切なのは、家族の体を労わった先人の知恵を家庭で生かし伝えることです。

七草粥の青臭い原因

七草というだけあって、ほぼ葉っぱばかりで青臭いのが、苦手な方も多いですよね。

実は七草粥は、ちょっとしたコツやほんの少しの下ごしらえやアレンジで、びっくりするくらいおいしくなります。

七草粥が美味しくないと敬遠される一番の理由は「七草のアク」

においが気になったり草っぽいなどと言われるのは、アクが残っているからです。

七草のアク抜きのポイント

下処理で、七草のアク抜きをしておくのが肝心です。

七草粥を作るときの七草は、スーパーなどで売られている「春の七草セット」のパックを使うことが多いかと思います。

この七草の扱い方が、七草粥を美味しいと思うかおいしくないと思うかの分かれ道に。

七草粥がおいしくないと感じるのは、「七草が青くさい」と感じるからという理由が大半です。

アクが残ったまま調理してしまうと、においが気になったり草っぽさが気になることになります。

なので、おいしい作り方のポイントは、七草の下処理(青臭さをなくす)をしておくこと。

葉っぱの青臭さは、アク抜きをすると全然気にならなくなります。

七草には、味の染みにくい食材やアクの強い食材が多いので、美味しく食べるには下ごしらえが必須。

アク抜きをしっかりして出来上がったお粥に混ぜ込むのが、七草粥を美味しく作るためのコツです。

簡単な下処理の仕方

「春の七草セット」のパックを開けると、葉っぱと大根(スズシロ)、カブ(スズナ)が入っています。

【簡単な下処理のポイント】
 
  1. 葉っぱは、1センチ幅を目安にザクザクと切ります。
    大根(スズシロ)とカブ(スズナ)は、2~3ミリ幅にスライスします。
  2. 大きければ、半月切りやイチョウ切りにします。
  3. カットした七草に、小さじ1杯ほどの塩を加えもみ、10分ほどおきます。
  4. 10分ほど放置したら、熱湯で1分ほど茹でます。
  5. 冷水でサッと洗いザルにあげます。

このひと手間であく抜きができる上、葉っぱの色持ちが良くなります。

そして、この下処理済みの七草をお粥に混ぜるだけ。

簡単ですね!

七草の下処理をきちんとすると、塩だけでも充分おいしい七草粥ができあがります。

七草粥を簡単アレンジしてみよう

【イタリアン風】
ルミジャーノをすり下ろしてタバスコを一振りするとイタリアンテイストになり、ピザ風の味になります。

【洋風】

短冊に切ったベーコンを入れると、ベーコンからのだしが出て洋風になります。

また、コンソメスープで煮込むのもコクが出ます。

【中華風】

干し貝柱・ホタテ缶・鶏がらスープ・ウェイパーを煮込むときに加えて風味付けをします。

シンプルに旨味を加えるとしたら、干し貝柱がおすすめです。

煮込むときに、細かく割いて入れると奥行きのある味わいが出ます。

また、ホタテの缶詰汁ごと入れると、味が深くなります。

鶏ガラスープを使うと、手軽に風味も加わるのでおすすめです。

【和風】

昆布やカツオのお出しを使って、お粥を煮込みます。

梅、なめたけ、佃煮、シラス、刻み海苔、揚げ玉などをかけていただくのもおいしい。

細く刻んだ油揚げを入れてもおすすめです。

その他、卵を溶いて入れたり、めんつゆや味噌で味付けをしておじやっぽくするなど、いろいろと工夫できます。

温泉卵とじゃこをトッピングして食べてるのも意外においしいですよ。


【ネコポス便可能】春の桜七草(2〜3人分)【フリーズドライ春の七草と塩漬けの桜のセット】作ったおかゆに混ぜるだけ。

簡単に七草粥を食べたいという方にオススメなのが、フリーズドライの七草。

こちらは七草が全てセットになって一つの袋に入っていますので、お粥に入れるだけで簡単に七草粥になります。

七草粥は下処理とアレンジでおいしく食べれる

七草粥を食べる昔からの風習は「現代でも通用する」風習だけでなく、ただの野草を煮たお粥と思いきや、しっかりした効能がある事も分かりました。

シンプルに七草だけで作った七草粥は、和洋中のアレンジを効かせて風味を楽しむことができます。

七草粥の胃腸を休めるという目的に従うのなら、消化の良い味付けを意識するのも必要ですが、アレンジしてオリジナルの七草粥を食べるのもいいですよね。

美味しい七草粥ができあがりますように!

関連
正月太りを早めに解消させる3つの方法!

こんにちは、ゆる主婦モコです。 年末年始は、忘年会、新年会、クリスマス、お正月など、食べる機会が格段に増えますよね。 12月は忙しい人が多いので、年末年始の休みくらいはのんびりしたいと、動かずにゴロゴ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
moco

モコ

夫と2人で東京に住むアラフォー兼業主婦。 沖縄・猫・まぐろが大好き。 商品レビューや旅行記など様々なジャンルの情報を発信中です。

人気の記事

DaiGoの「自分を操る集中力」ブロガーの必読書を無料で聴こう! 1

ブログを書く時って、作業効率をあげるのに集中力って重要ですよね。 集中力が高まればスラスラと記事も書けるし、その結果売上アップにもつながる! と思い、読んでみたのがこの本。 DaiGoの「自分を操る超 ...

2

いくら洗っても毛穴がボツボツ目立つ 頬の毛穴がガザガザする ファンデーションが落ちて毛穴落ちする クレーターみたいなオレンジ肌 全体的に肌がくすんでいる 毛穴の開きや詰まりがあると見た目の印象がかわっ ...

3

モコ足がむくんでパンパン・・・・ ツライむくみを解消できないか「めぐり娘」を実際にお試しして感じた感想をレビューにまとめました。 夕方になるとパンパンになる足 朝起きると顔がむくむ 朝起きてむくんだ顔 ...

4

先日旅行で行った草津温泉ホテルヴィレッジ。 ホテルヴィレッジに行くのは、蟹・ステーキ食べ放題以外に実はもうひとつ理由があります。 それは、時間制ですが「わたの湯源泉」に入浴できるところ。 わたの湯は、 ...

5

こんにちは、ふるさと納税を最近やっと理解したゆる主婦モコです 🙂  ふるさと納税って聞いたことはあるけれど、どんなものなのか何がオトクなのかわからないという方も多いのではないでしょうか? 私も「納税」 ...

-知っ得情報, お役立ち

Copyright© ゆる主婦モコの気まぐれ日記 , 2018 All Rights Reserved.