年越しそばを食べるタイミングと年越しうどんはあり?

こんにちは、ゆる主婦モコです 🙂 

大晦日といえば「年越しそば」ですね。

ただ年越しそばは、大晦日のいつ食べるのか、うどんではだめなのか、蕎麦は温かいのでも冷たいのでもいいのか、疑問に思いませんか?

疑問に思っている方がいらっしゃったら、この記事を読んで是非解決してくださいね!

年越しそばを食べるベストの時間帯

年越しそばを食べる時間は、家庭によっても地域によっても、いろいろ違うようです。

ですが年越しそばは、それぞれの大晦日の予定を考慮した上で、丁度良いタイミングで食べるというのがベストの時間となります。

ただし!年越しそばは、大晦日に食べる縁起物。

「年を跨いで食べるのは昔から縁起が悪い」とされています。

食べ終えられない危険性がある日付が変わるギリギリの場合は、新年をさいさきよく迎えるためにも避けるのが無難です。

【年越し蕎麦を食べるタイミング】
  1. 除夜の鐘をききながら
  2. 大晦日の晩、外出する前
  3. 大晦日の夕食として
  4. 大晦日の昼食など

年越しそばは、江戸時代からの習慣

「年越しそば」の習慣が始まったのは、江戸時代中頃のことなんです。

年越しに食べるものが「そば」だった理由は「縁起担ぎ」にあります。

この縁起には諸説あるものの、有力なのは次の2つです。

【年越しそばの由来】
  1. そばの麺は細く長くという形態にあやかり「新年も細く長く、健康で生きていきたい」という長寿の願望が込められている説。
  2. そばの麺はすぐに切れやすいので「今年一年の災厄を断ち切る」ことを願う説。

温かいそばと冷たいそば、どっちでもいい?

結論から言うとお好みで温かいそばでも冷たいそばでも、どちらを食べても構いません。

上記の年越しそばの由来から見ても、温かくても冷たくても蕎麦は蕎麦なので、 細く長く切れやすいことには変わりはありません。

「年越しうどん」でもいい?

普段うどん好きの方でも、大晦日は「そば」を食べるという人が、多いのではないでしょうか。

ただ「年越しうどん」というのは実在するようです。

年越しうどんの意味や由来は、讃岐うどんで有名な香川などでは普通に言われているそうです。

ただ、さぬきうどん振興協議会の定義では、年越しうどんではなく「年明けうどん」と言うのが、実は正しいらしいです。

うどんは元々、昔から太くて長いことから「健康長寿」「家運長命」など、長寿に関わる縁起物ということで、よく食べられてたそう。

話は戻りますが、年越しそばの由来の①「細く長く」はうどんにも当てはまるので、長寿を願うだけなら「うどん」でも、構わないかと思います。

ただ②の「切れやすい」も、うどんの中にはコシを重視しない「切れやすい」うどんもあるしなぁ・・。

などと言いたくなりますが、②の「切れやすさ」は、原料について考えると、確実に「そば」に軍配が上がるようです。

そばの原料であるそば粉には、うどんの原料の小麦とは異なり、延びる成分(グルテン)が入っていません。

現在、私たちが口にしている「そば」の多くは、山芋やタマゴをつなぎとして混ぜて伸びやすくしているために切れにくくなっているだけのようです。

実は、そばにつなぎを入れる製法は、江戸時代前期に広まったもの。

そばは、このとき初めて細く長くなったようです。

つまり、年越しの恒例となる少し前に、タイミングよく「細く長く」なったとのこと。

どうやら江戸の人は、少しでも多くの縁起を担いで、新しい年を幸福にしようと祈ったようですね。

「年越しうどん」が絶対にダメということではないですが、これらを考えると「年越しそば」を食べたほうが縁起担ぎになると言えるようです。

いずれにしても1年最後の食事は、願いを込めて年越し蕎麦を美味しく、幸せな気分で味わいたいものですね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

2018年版 主婦が見る恵方巻ノルマ商戦と今年の恵方方角はどこ?

2018.01.11

焼肉屋さんで火事になる原因を徹底調査!

2017.12.09

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です