バイクでおでかけ!行ってよかった!大雄山→三島スカイウォーク 2017紅葉 【part1】

こんにちは、ゆる主婦モコです。

今年最後の紅葉を見に行ってきました。

当日は天気が良く気温も高くてなんともバイク日和!

バイクで行く2017年今年最後の紅葉

今日のコースは主人がセレクト。

大雄山最乗寺→三島スカイウォーク→熱海梅園のバイクでおでかけ日帰りコース。

神奈川県南足柄市 大雄山 最乗寺

自宅を出発し途中の渋滞やすったもんだがありましたが、神奈川県南足柄市の大雄山 最乗寺に無事到着。

大雄山 最乗寺は、世界一の巨大下駄と天狗像が見守るお寺です。

土地の広さはなんと130ヘクタールという広大さ!

どうやら紅葉のスポットしても有名だそうで今回初めて訪れました。

11月中旬〜12月上旬が見頃の時期らしく確かにあちこちで色づいていてキレイでした。

楽天たびノート「大雄山」の詳細はこちらから

 大雄山 最乗寺の2017の紅葉

今回は目的が紅葉がメインでしたので紅葉のレポートになります。

次回訪れた際にはしっかりと参拝レポートをさせて頂きますね。

門をくぐり抜けると広い境内が目の前に現れます。

瑠璃門

ここ「大雄山最乗寺」は600年の歴史を持つ関東でも有数の修験道の霊場です。

このお寺は天狗伝説と結構な数の階段で知られるお寺だそうです。

結界門をくぐり右手の77段の石段。

本堂の奥には「金剛水堂」という湧き水が流れているお堂があり諸処の病を治す霊水。

世界一の大きい和合下駄です。

下駄は左右揃えて一対となり役割を果たすことから夫婦和合の信仰が生まれたらしいです。

ここのお寺の大きさは世界一で重さはなんと3800kg。

見ごとな杉の木。 他の場所には立派な杉林があるみたいです。

大雄山には天狗が棲むといわれており天狗の強力なパワーを授けてもらえるお寺として有名。

御真殿の近くに白狐に乗った道了尊の像がありました。

烏天狗の顔を持って白狐の上に乗り、右手に降魔の輪杖を持ち左手に縛魔の剛縄を握り、雲に乗って飛んでいるお姿です。

とっても空気が澄んでいてたくさんのパワーをいただけます。

紅葉が見頃で平日でしたがたくさんの人が来てました。

大雄山 最乗寺のアクセス

【住所】:神奈川県南足柄市大雄1157
【駐車場】:250台無料
【電車でのアクセス】:小田原駅→大雄山駅(大雄山線21分)大雄山駅→道了尊 (バス10分)

大雄山最乗寺のHPはこちらから

大雄山 最乗寺 地図

次の目的先は「三島スカイウォーク」

さて!次は以前たまたま通った時に気になっていた三島スカイウォークにやってきました。

三島スカイウォークは2015年12月にオープンしたばかりのスポット。

歩行者専用橋としては日本一長い全長400メートルの大吊り橋で、橋の下からは立派な富士山が見れます。

橋の長高さは70.6m。

駿河湾や箱根の山々などの鮮やかな景色も見ることができます。

三島スカイウォークのアクセス

【住所】:静岡県三島市笹原新田313
【駐車場】:400台無料
【入場料金(往復渡橋)(税込)】:大人1,000円 中高生500円 小学生200円

【営業時間】:9:00~17:00 ※イベントや天候等により変更することがあります。
 年中無休※強風や雷、悪天候時は通行を制限することがあります。

三島スカイウォークのHPはこちらから

楽天たびノート「御殿場・沼津・三島」の【温泉】スポットの情報はこちらから

三島スカイウォーク地図

こちらでも紅葉が見頃でした!

お土産が売っているショップにクリスマスツリーが飾られていました。

本当は吊り橋を渡りたかったのですが、夕方既に暗くなってきているので今日は吊り橋を渡らず次の目的地へGo!

当日吊り橋を渡れていたら、こんな最高の景色が見れていたんですね。

(出典http://mishima-skywalk.jp/about.html)

最後までお読みいただきありがとうございました!

バイクで草津温泉旅行!宿泊先はホテル櫻井の新客殿【旅行記】

2018.05.20

バイクでおでかけ!行ってよかった!ライトアップ熱海梅園の2017紅葉 【part2】 

2017.12.02

\今一番オトクなクレジットカード/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です